FC2ブログ

案内

ここ「残念工房」は小説サイトです。基本的に残念です。
今のところ、私こと白石アオイが管理しています。

管理人・白石アオイ
 頼りがいがあるように見えて頼りにならない残念なモラトリアム人間。
 サンホラとか谷山浩子さんとか好き。


小説に顔文字を使ったりすることはあまりないです。
カテゴリーをクリックすると第1話から読めます。
スポンサーサイト



無意識過剰 まえがき(目次)

リレー小説「無意識過剰」
私と後輩Kによるリレー小説。2011年9月6日から約一か月間実施していたものです。
キーワードは「さわやか」「鏡」「裁縫」
2012年4月からのそのそと再開しました。キーワードは「優雅」「ハト」「恋」

とある鏡だらけの屋敷にバイト執事として就職した主人公・空井玲二。
はたして彼は幾多の不愉快を乗り越え、さわやかさを振り撒き続けることができるのか?
……という話。
現在第1部をパソコンに打ち込んでブログにアップしています。
第2部の連載に入りました。更新速度は落ちると思います。

《第1部》
第1話 第2話
第3話 第4話
第5話 第6話
第7話 第8話
第9話 第10話
第11話 第12話
第13話 第14話
第15話 第16話
第17話 第18話
第19話 第20話
第21話 第22話

《第2部》
第23話 第24話
第25話 第26話
第27話 第28話
第29話

無意識過剰 第1話

アルバイト募集
あなたもさわやかに働いてみませんか?
経験者、未経験者問いません。さわやかな人
仕事仲間の仲が良いさわやかな職場です
時給 850円~ (さわやかさにより昇給あり)
ご連絡は ~


……。何故このポスターは、ここまでさわやかをプッシュしているんだろう。ここまで全面に押し出されると、逆に胡散臭くなってくる。こんなに胡散臭いのは、三年前、「絶対においしいから!」と言って、豚骨ラーメンパフェ~ちょっとアレな森のキノコ添え~ を出してきた友人以来かもしれない。

とはいえ、ポスター右下の職場の写真はとてもさわやかだ。男子野球部から練習後の汗臭さを無くしたのと、女子吹奏楽部からネチネチした新人いじめを無くしたものを足して2で割れば、こんな雰囲気になると思う。要するに、さわやかで胡散臭い。


しかし、背に腹は替えられない。流石に、仕事を始めないと、明日からの生活にも困ってしまう。ポスターによれば住み込みでもOKらしい。これはとても助かる。時給も決して高くはないが、さわやかさで昇給できるのなら自信がある。

例の豚骨ラーメンパフェ(以下略)を完食した時も、友人に「さわやかにグロいものを食べ切ったね。」と言われた。 「絶対においしい」って言ってたよな? でも今グロいって自分で言っただろ!と思いながらも「友情のためさ☆」と答えておいた。我ながらさわやかだったと思う。


そんなわけで、(世間からの)冷たい風も吹き始めた秋、仕事を始めるため面接会場へと足を運ぶのでした。

9/6 K

無意識過剰 第2話

さわやかな草原の、白く清楚で、かなりでかい屋敷が、僕こと空井玲二(そらいれいじ)の新しい職場である。働く環境としては悪くない。僕は今までの下宿を引き払って、ここで住み込みで働くことになった。


面接はあっけないほど簡単に終わった。面接官は、30から40くらいの細身で長身の女の人だった。この家の女主人らしい。月か太陽かでいえば月、図書委員か体育委員かでいえば図書委員、アルトリコーダーで、全部の穴に余裕で指が届くほど長い指の人である。僕がそんなどうでもいいことを考えている間、女主人の方は僕をしっかり見ていたらしい。


「空井さん。私の顔に、なにか」

「あ、いえ、あなたは月みたいな方だなあと」

ぼんやり考えていたことをそのまま口に出してしまい、面接官は薄く笑った。何なんだ。
あとは簡単な応募理由と、好きな食べ物を聞かれたので、不景気のあおりをくって大卒後、就職できなかったから、そして好きな食べ物はミンティア、と答えておいた。


「わかりました。あなたは採用、ということで、明日から働いてもらいます。
 私は水津翡翠(みなつひすい)、この水津家の当主です。どうぞよろしく」

「はあ、よろしくお願いします」

「仕事は、家事の手伝い、……ですかね」


『ですかね』?僕は少し、ひっかかった。それ以外にも何かあるのだろうか。そして、なぜさわやかさが求められるのだろうか。

「あの、どうしてさわやかでなくてはいけないのですか」

翡翠さんは笑みを消し、真剣な顔になって、およそ真剣だとは思えないことを言い出した。


「さわやかさこそが、奴らに対抗する、唯一の手段なのです」



9/7 白石

無意識過剰 第3話

『奴ら』が何なのかはともかく、僕はこの屋敷で働き始めた。僕のためにと割り当てられた部屋は決して大きくはなかったが、今まで住んでいた1ルーム、風呂なし、共同トイレ、南向きの窓(新しくできたマンションにより機能していない)の下宿より快適なことは間違いなかった。


屋敷の案内と仕事の説明をしてくれたのは、この屋敷でメイド長をしている上尾愛(うえおあい)さんという英語で自己紹介したくない人だ。おばさんと呼ぶにはまだ若い気がするが、お姉さんと呼ぶにはいささか勇気がいる……それくらいの年の人だった。メイド長とはいうもののこの屋敷には彼女1人しかメイドはいない。大事なのは雰囲気だろうか。彼女はロングスカートのメイド服をひるがえしながら先を歩いていく。


「この部屋は書斎で、知ってる限り3回は床が抜けてる。掃除のとき腕がつかれるところ。
 時々、本の間からヘソクリが見つかる。」

同じような扉がいくつも並んでいるのだ。説明は聞いているが実は覚えていない。気付いたことだがこの屋敷には異常に鏡が多い。各部屋に1つずつ、廊下にも部屋と部屋の間に1つずつ。メイド長は歩くとき、その1つ1つを目の端で確認している。かなりのナルシストなのか?
鏡はどれも磨き上げられ、チリ1つない廊下を映している。ふと、1つの鏡を見ていると、廊下のすみに、毛玉――それも、着古したトレーナーから出るのを3年分集めたくらいの大きさのもの――を見つけた。掃除の手抜きかと振り向くが何もない。もう一度鏡に向き直る。いつも鏡を見るときのクセが出てしまい、無駄にさわやかに振り返る。
――メソポタミア文明ッ! ジュッ……
そんな風に聞こえる擬音語を残して毛玉が消えた。これは面白い。

そう思っていると、メイド長は、ある1つの扉の前に立ち止まった。


メソポタミア文明:Wikipedia
9/8 K
プロフィール

白石アオイ

Author:白石アオイ

カテゴリ
リンク