FC2ブログ

無意識過剰 第23話

「冗談じゃない……布部め」

私はいま妙な森の中にいる。じめじめして不快だ。足元に妙な生物がうごめいているのを、現在、必死で見ないふりをしている。
私――矢車麻衣子(やぐるままいこ)――は爆発した頭で考える。

――私のハトはいったいどこへ行ったのか?

こうなってしまったのは、なにもかもあの布部の連中のせいである。奴らが妙なことをしなければ、私は今頃、美しい自宅の中庭で優雅にティータイムをたしなんでいたはずなのだ。もちろん、私のハトと一緒に。
しかしどうしたものか。この鬱蒼とした森の中、ハト一匹を探し出せるとは思えない。それどころか私がここでのたれ死ぬ可能性だってある。

「くそう、にゅのぶみぇ……噛んだ、布部め」

奴らとはこれまでにもいろいろ因縁があり、お互いに死闘を演じ続けてきたが――が、それにしたって今回のはひどい。リアルに死の恐怖を感じる。それにつけてもハトはどこだ。
ハトがそばにいなければ私は……。

動悸を感じ始めた私の目の前を、一つの人影が横切った。
灰色の髪、オレンジの眼、どことなくハトを思わせる少年――……


4/7 白石

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白石アオイ

Author:白石アオイ

カテゴリ
リンク