FC2ブログ

無意識過剰 第5話

南向きの窓からの朝日で目が覚めた。朝日とともに起きるのがこんなに気持ちよかったとは。部屋のすみでサルノコシカケが育ってもおかしくなかったかつての下宿では決して出来ない体験だ。

いそいそと着替えを済ませる。翡翠さんが注文したという特注の執事服が仕立てあがるまでは、普段着を着ていれば良いと言われた。“THE☆不愉快”Tシャツにするか“Let’s急降下爆撃”Tシャツにするか、散々悩んだが、間をとって“サルでもわかる量子電磁力学”Tシャツにした。ちなみに3枚セットで980円。お買い得だ。屋敷の中で多少浮いているがまぁいいだろう。


朝食はミンティアでない事を祈りながら食堂へと向かう。基本的にこの屋敷では朝食と夕食はそろって食べることになっているらしい。歓迎のつもりだったのかもしれないが、普通の食事を食べる2人に見守られながらのミンティアは物悲しさが漂っていた。

そういえば、この屋敷にはもう1人使用人がいるらしい。昨日は食材の買い出しで出掛けていて会えなかったが、僕より1歳だけ年上で男の人だというから、気は合うだろう。メイド長によれば見習いコックらしい。

食堂へ入ると4人分の朝食が用意されていた。パンのパッケージのように焼いてあるトースト、それに添えてある木苺のジャム、湯気を上げるコーンスープ、それぞれの好みに合わせて焼かれたベーコンエッグ。まさに完璧な朝食。その完璧な朝食を、
板 前 が 用 意 し て い た 。

どういう状況か理解できない。僕のTシャツは屋敷に合ってないと思ったが、これはそれ以上だ。Tシャツを豚骨ラーメン(略)とするなら、これはマシュマロとオムライスのおたふくソースがけベトナム風だ。どちらが変なのかというのはたぶんこの際問題ではない。
コック=板前か、コック≒板前か、コック⊃板前か、頭をフル回転させてみる。

9/11 K

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白石アオイ

Author:白石アオイ

カテゴリ
リンク